会計ソフトの種類について

オリジナル見出し01

会計ソフトには、所有しているパソコンにソフトをインストールして経理処理をするタイプと、専用のサイトに接続してネット上で会計処理を行うクラウドタイプに分かれます。

両方共、帳簿記入だけでなく、決算書や財務諸表、確定申告の作成までできるようになっています。


インストールして利用する会計ソフトは、CD-ROMから、もしくはインターネットのサイトからダウンロードしてパソコンに入れます。
毎年税制や税に関する法律の変更があるため、会計年度ごとに買い替えをしたり、会員手続きをし、メンテナンス料を支払って、変更がある部分のみを更新したりして、その都度適切に管理する必要があります。

ソフト会社から操作の仕方や経理処理の仕方等、手厚いサポートを受けられるので、取引や経理処理の多い企業に向いているでしょう。

その反面、個人事業主や小規模な法人には出費が多く大変な場合があります。

クラウドタイプの会計ソフトは、会員登録を済ませてから、パスワードやIDを入力して、専用の帳票画面を呼び出します。


初心者でも直観的に操作できるように、勘定科目等の登録以外は、マウスでできるように工夫されています。インターネットに対応する銀行の通帳やクレジットカードの決済記録を、そのまま会計データに流用出来たり、取引数が少なければ利用料金が無料で済むものもあります。
パソコンからでもスマートフォンからでも操作できますので、常時インターネットに接続できる環境にある方にも向いています。
ただ、インターネットを介して事務処理をするので、回線が混み合っている時には、反応が遅くなる場合があります。


チャット方式でサポートが受けられますが、申告時期には利用が集中することが考えられますので、早めに作成するようにするといいでしょう。

盤改造情報ならこちらのサイトです。





様々なDMMモバイルの評判をわかりやすく説明しています。



https://allabout.co.jp/matome/cl000000013852/

http://girlschannel.net/topics/458963/

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1016033445

関連リンク

  • タイトル21

    会計ソフトを利用するメリットは数多くあります。間違いが少なくなることと正確に計算することができる。...

  • タイトル22

    会計業務の効率化をはかるために、会計ソフトを導入することは欠かすことができません。しかし、一言で会計ソフトといっても様々な種類があるため、実際に導入をするとなるとどのようなソフトを選んで良いのか迷ってしまうものです。...