会計ソフトを使いこなす

オリジナル見出し01

会計ソフトを利用するメリットは数多くあります。

間違いが少なくなることと正確に計算することができる。
また決算などの処理が楽になり、分析までできるようになります。
会計ソフトは毎日の情報をきちんと入力することでリアルタイムに会社の経営状況を正確に掴むことができます。すぐに結果がでるということで日次で締め処理を行うころができます。請求書や領収書はお金の動きを証明するものになりますが、これらはきちんと保管期間に従って保管しておく必要があります。
また会計ソフトを使用して管理する場合はやはり簿記の基本的な知識は持っていたほうがいいです。処理を行う上で判断に迷うこともあります。

その都度会計士などに問い合わせするのも大変です。


会計ソフトは基本的な操作についてはわかりやすくなっています。
例えば売上の入力を行うような場合、現金で代金を受け取った場合、現金出納帳の機能を使用します。まず必要になるのは日付です。

日付を入力して科目を選択することになります。
科目としてはこの例では売上となります。

そして摘要に内容を入力します。摘要はあとで見たときにわかるように入力しておくといいでしょう。
そして金額を入力します。


このように入力する枠が決まっていてそれぞれの項目に必要七葉を入力することで完了します。


このような売上や支払いなどに関する明細を入力していくことで自動的に集計することができ、帳簿を作成して事業活動を表すことができる内容を確認することができるようになります。











http://tmall.tsite.jp/C_2.php?SHOP_CATEGORY_ID=22

https://matome.naver.jp/odai/2142468461338330201

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=FT137248

関連リンク

  • タイトル21

    今までの会計ソフトは、仕訳は手作業で行う必要がありました。そこからの各帳簿や表への転記は自動化されていましたが、今や仕訳すら自動的に行えるようになっています。...

  • タイトル22

    ある程度稼いでいれば、税金を納めなければいけません。稼ぎ方にもよりますが、情報量が多い場合作業に時間がかかります。...