会計ソフトで確定申告に挑戦

オリジナル見出し01

確定申告というのは、慣れない人にとっては非常に負担のかかるものです。



会社勤めをやめて、フリーランサーになった時に最初に当たる壁として確定申告があるということも少なくありません。



本来、税金というのは自ら収入を申告して納めるものですが、会社勤めの場合源泉徴収という形で給料から税金分を差し引いて代わりに納税をしてくれているため、税金の支払のことで悩まずに済みます。



しかし、フリーになった場合にはそのようなことを全て自分で行わなければならないため、本来の業務に加えて経理業務も必要となることから初めての確定申告となればわからないことも多く悩んでしまうことになりがちです。



そこで、確定申告の手助けをしてくれるのが会計ソフトであり、これを利用することによって簡単に確定申告の書類を作成することができるため、余計なことで悩まずに済み本業にだけ打ち込むことができます。



会計ソフトは日頃の取引内容を打ち込むことによって、後は自動的に帳簿などが作成をされそれをもとにして確定申告用の書類を出力することができるため、後は出来上がった書類を税務署に届け出るだけで済みます。

http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/02/-1000.html

会計ソフトの使い方というのは、ほんの少し勉強をするだけで使うことができるようになるため、一から確定申告のことを勉強するよりもずっと簡単なものとなっています。

http://okwave.jp/qa/q823733.html

そして、会計ソフトを使用すれば面倒な青色申告もそれほど難しいものではないため、節税効果も見込むことができます。

https://4meee.com/articles/view/581696

関連リンク

  • タイトル21

    IT化をするというのは業務の効率化をする目的もありますが、ミスを減らすことができるという利点もあります。人間が行う作業というのはどうしてもミスが出てしまいますが、機械はそのようなミスを起こさないので同じ作業をするのであれば同じ結果を出すことができます。...

  • タイトル22

    確定申告というのは、慣れない人にとっては非常に負担のかかるものです。会社勤めをやめて、フリーランサーになった時に最初に当たる壁として確定申告があるということも少なくありません。...