会計ソフトには様々な種類がある

オリジナル見出し01

会計業務の効率化をはかるために、会計ソフトを導入することは欠かすことができません。



しかし、一言で会計ソフトといっても様々な種類があるため、実際に導入をするとなるとどのようなソフトを選んで良いのか迷ってしまうものです。



そのような場合にはそれぞれのソフトの違いをよく理解した上で、導入をするものを選ぶと良いでしょう。



まず、会計ソフトには大きく分けて二つのものがあり、パッケージ版とクラウド会計があります。



パッケージ版というのは従来のソフトウェアのように、パソコンにインストールをして使用をするものであり通信回線などが無くても使用をすることが出来ます。



また高機能でカスタマイズ製に優れているものも多いという傾向にあるので、細かな設定がしたいという人に向いています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1016033445

一方のクラウド会計は通信回線を利用して、クラウドサーバーにアクセスをして会計処理を行うものとなっているので通信回線が無いと使用をすることが出来ません。
しかし、複数台のPCで処理をしたいという場合であっても一台一台にソフトを導入する必要もなければ、OSによる動作環境の壁も無いので動作環境に適合しているのかを確認する手間も省くことが出来ます。


更にバージョンアップなども自動的に行われることになるので、手間がかかりません。
ただし、設定の細かさなどはパッケージ版と比較をして劣る傾向にあります。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1049732790

会計ソフトには大きく分けても、このような違いがあるのでよく比較をして選ぶようにしましょう。

https://okwave.jp/qa/q6451038.html

関連リンク

  • タイトル21

    会計業務の効率化をはかるために、会計ソフトを導入することは欠かすことができません。しかし、一言で会計ソフトといっても様々な種類があるため、実際に導入をするとなるとどのようなソフトを選んで良いのか迷ってしまうものです。...

  • タイトル22

    会計ソフトを利用するメリットは数多くあります。間違いが少なくなることと正確に計算することができる。...