仕訳作業を省ける会計ソフト

オリジナル見出し01

今までの会計ソフトは、仕訳は手作業で行う必要がありました。


そこからの各帳簿や表への転記は自動化されていましたが、今や仕訳すら自動的に行えるようになっています。

大企業だけではなく、2013年ごろからは小規模事業者でクラウド型会計ソフトの導入が進んでいます。



技術の要とも言えるのが、ネットバンキングやクレジットカード、交通系のICカードなどの情報と会計データが同期されることです。ネットバンキングで取引先に出金を行ったとすると、自動的に金額と入金先がソフトウェアの帳簿に入力されます。



勘定科目を入力するだけで仕訳作業が完了します。



頻繁に使う取引項目には、勘定科目を保存しておけば次回以降は自動的に仕訳を行ってくれます。
なので、すべての取引をひとつの口座で行っている会社であれば、経理作業をしなくても決算書が作成できるということです。保守契約を結べば、税務申告書にも毎年度対応してくれるので、確定申告まで済ませることができます。



会計ソフトのベンダー側も企業の動きに合わせて、パッケージ版だけだった老舗ソフト会社がクラウド型のソフトを販売するようになっています。

役立つフラットアンテナに関する疑問を解消してください。

なので、今まで使っていたパッケージ版でお気に入りのソフトがあるならば、そのベンダーのクラウド型会計ソフトを導入するというのも良いでしょう。

http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/trend/gooeditor-20130201-01.html

その方が以前までのデータとの互換性が高い可能性があります。

https://okwave.jp/qa/q6451038.html

仕訳作業が劇的に楽になる会計ソフトは、利益を生み出すための時間を増やしてくれます。



関連リンク

  • タイトル21

    今までの会計ソフトは、仕訳は手作業で行う必要がありました。そこからの各帳簿や表への転記は自動化されていましたが、今や仕訳すら自動的に行えるようになっています。...

  • タイトル22

    現代の会社の会計処理はパソコンで行われています。大企業であれば専門の会計ソフトを使用しているでしょうが、そこまでの規模ではない会社は市販されている会計ソフトを使用します。...